剰余金の扱い

合同会社の剰余金の扱いについて

会社を設立することで変化が生じることは数多くありますが、その中でも大きな要素に会社の銀行口座を開設することが出来ると言う点があります。会社を設立せずに事業を行う場合、事業資金であっても個人の口座で管理するしかありませんので様々な点でリスクがあると言えるでしょう。会社を設立しない段階では事業は個人事業であるという仕組みになっているのです。講座が無い以上は全て個人の所得として処理されることになりますので、管理をする上でも多大な労力を必要とするようになります。そのためある程度の規模の事業になると会社設立をして法人口座を持つことが必要であると感じられるようになるのです。そのためこの仕組みを得ることを目的に会社設立を行う個人事業主も少なくありません。
この様な目的で会社を設立する場合、合同会社の設立を選択する事業主が多いのが最近の傾向です。現在の会社法ではごく一般的な会社設立を行う場合には株式会社か合同会社の設立が一般的であると言えます。この内、株式会社は非常に有名な法人格である一方で、仕組みに厳格さがあるために面倒が多いというのも現実です。その点、合同会社は株式会社に義務付けられている様な様々な義務の一部が免除されます。例えば決算公告の義務もないというのが合同会社の特徴であり、運営する上では大きな負担軽減になるでしょう。また同じように合同会社の場合には剰余金の分配に関しても株式会社とは異なる仕組みが存在しているのが特徴として知られています。
剰余金とは事業を行った結果生じた利益のことであり、年度単位で決算を行い、場合によっては分配を行う仕組みになっています。株式会社の場合にはこの剰余金を分配する場合には出資額に応じて配当金として支払う必要があります。株式会社ではその単位が株式であるという仕組みを持っていますが、合同会社では株式の様な分かりやすい仕組みはありません。自由に出資することが出来るため、その配当に関しては定款に定めて決めることが出来ると言うルールが存在しています。そのため合同会社には剰余金の分配については定款に定めると言うシンプルな仕組みに一本化されます。広く投資を募るのには向いていない仕組みである場合もありますが、その点も含めて自由に決めることが出来ますので柔軟な会社運営を行いたいと考えている場合には都合のよい仕組みがあると言えるでしょう。合同会社にはこの様な仕組みが存在しています。”