ルールの作り方

合同会社のルールの作り方

会社設立は法的な手続きです。会社設立と言うのは事業の法人化のことを指し示す言葉であるのが一般的であり、その様な目的を達成するためには必要書類を揃えて会社を設立しようとしている地域を所轄している法務局に届出をしなくてはなりません。そのための手順については設立しようとしている会社の修理によっても異なりますが、一般的な事業目的の際に選択するケースが多い株式会社や合同会社はほぼ同じ種類の書類作成が必要になります。その中には会社の情報を記載した書類等が含まれますが、その中でも最も重要になるのが定款と呼ばれる書類です。この書類には会社の概要が網羅されるkと尾になるのが一般的であり、会社設立の手続きに必要となる書類の中でも特に重要な書類です。
その様な定款は株式会社においては定められた内容を網羅しなければならない書類であると言えますが、合同会社においては少々役割が異なっていると言えるでしょう。株式会社は株式会社であるという事実だけで履行しなければならない義務を沢山持つことになりますが、合同会社はその様な株式会社の持つ義務化らは自由である場合が少なくありません。例えば決算を行った後の決算公告は株式会社では義務ですが、合同会社では自由です。また決算後に確定した剰余金を配当として分配する場合、株式会社では出資額に応じた配当が義務付けられていますが、合同会社ではこの点も自由であるのです。合同会社では様々なポイントで自由であるという特徴がありますが、そのルールはあらかじめ定めておく必要があります。そしてそれを定めるのが定款なのです。
合同会社における定款はある種のルールをまとめて記載しておく書類の様な役割を果たします。ここに記載されていることは会社法に反しない限りはルールであると言えるでしょう。そのため出資者も必ずしも出資に応じた配当を受け取れるという保証はないのです。このため合同会社は広く投資を募るには信用が必要になるというデメリットがあるのが現実です。そのため合同会社を設立した場合には株式会社と同じように広く投資を募るkと尾は難しい場合もあると考えておく必要があると言えるでしょう。合同会社は経営者が自由に会社のルールを決めやすい仕組みになっていますが、その様なルールに投資家が合わせてくれるわけではありません。多くの場合自由にルールを作れる代わりにそれ相応のリスクを背負うことにもなりますので注意が必要です。”